桜文鳥の雛の「ピ」が我が家に来た日

雛の時から育ててきた桜文鳥のぴーこが外へ飛んで言ってしまいました。
庭で帰ってくるのを日没まで待っていましたが、とうとう帰ってきませんでした。

家族が桜文鳥がいない生活は絶えられないと言うことで、日没後にペットショップへ行き、桜文鳥の雛を買ってきました。
桜文鳥の雛

本当はもう少し毛が生えそろった大人に近い桜文鳥がよかったのですが、白文鳥しか大人に近い文鳥はいませんでした。
今月は異常気象で寒い日が多いですが、もうすぐ五月なので、あかむくれの雛でも育てられるだろうと、このこと一緒に帰ってきました。
桜文鳥の雛

甘えん坊で手のひらにくるまっていると何時間でも目をつむって動かないでいます。
桜文鳥の雛

ちびちゃんですが足腰は達者で自分で歩くことが出来ます。
桜文鳥の雛

手を出すと自分から乗ってきます。
名前は「ぴ」とつけました。
ぴーこのぴからとりました。
桜文鳥の雛

カテゴリー: 桜文鳥の「ぴ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最近のコメント

カテゴリー