最初の夜

我が家に到着したのは、当然ですが夜。
箱を開けるとハムスターが顔を出し、目があった。余りのかわいさに思わずゲージに入れず部屋に放してしまいました。
これが失敗。最初は自由に部屋の中を歩かせていましたが、さて捕まえようとするとハムスターは思った以上にすばしこく捕まらないです。そのうえハムスターの方も危機感を覚えたのかタンスの後の狭いスペースに潜り込んでしまい出てこない状況になりました。

初日におびえさせてはかわいそうだからとなど言っていられなくなりました。紙を丸めた棒でつついたりして何とか隙間から追い出して、右手で捕まえたら、「チュゥ」と鳴きました。ああ、ハムスターはネズミなんだと気が付いた瞬間です。

捕まえたハムスターを用意していたプラスチックのゲージに入れてみましたが、予想以上にハムスターが大きく、バランスを欠いていました。これは狭すぎてかわいそうだからと段ボール箱に移そうとしましたが、車の中で紙の箱に穴をあけていたのを思い出したのですぐに食い破られて逃げ出されることに気がつき止めました。
かわいそうだけど、しばらくの間はこの狭いゲージの中で暮らしてもらう事にしました。

カテゴリー: ハムスターが我が家に来てからなつくまで

最近のコメント

カテゴリー